自動区間タイム計測システムのご案内

 

 

SLyのタイム計測システムは、通常の全周回ラップタイム計測と同時に、全周回区間タイム計測を行っています。

区間タイム計測はコースを5つのセクションに区分けし、セクター1は直線上のコントロールラインから1コーナーシグナルまで、セクター2は1コーナーシグナルから3コーナー出口まで、セクター3は3コーナー出口から10R出口まで、セクター4は10R出口から最終コーナー手前まで、セクター5は、最終コーナー入口からコントロールラインまでです。

シグナル要確認!!

これによりライダー、ドライバーの苦手区間と得意区間が簡単に判別できるので、トレーニングの質を向上しやすくなります。また、セクター1の通過時間はエンジン性能の判断に利用できるので、気象条件により変化するエンジン性能を把握しやすくなります。

計測結果はコース直線上のタイム表示ボード及びピットモニターで表示します。

タイム表示ボードは3段で構成されていて、1段目は競技会等で使用され、周回数或いは時間経過を表示します。

2段目は現在稼働中の計測システムアプリ内のベストタイムとゼッケンNO.(トランスポンダーNO.)を表示し、3段目はコントロールラインを通過した車両のゼッケンNO.(トランスポンダーNO.)とラップタイムを表示します。

ピットモニターは、スポーツ走行時と競技会予選時にはベストタイム順に表示します。競技会時には順位と周回数とタイムを表示します。

計測器の貸出、返却は走行受付にて行います。

計測器をご希望の場合は、走行受付にて計測器伝票(誓約書下段)へ必要事項をご記入の上、ご提出ください。(計測器貸出の際、免許証をお預かりいたします。)

計測器はお客様ご自身で取付けていただきます。取付にはガムテープ等が必要です。

スポーツ走行終了後、計測器ご返却の際に、全走行データをプリントアウトしてお渡しします。

プリントデータの内容は全周回のラップタイム、タイム順位、全周回区間タイムとなります。

・レンタル料金\1,300/1日

 

※ご専有(貸切)時の計測器の貸出は、ご専有主催者様へ一括で貸出いたします。

 事前に必要台数、走行者お名前データ等をお知らせ下さい。

 ・ご専有時レンタル料金 ・1台¥1,300  ・11台以上一律 \13,200(税込)

FACEBOOK

Rd429fd71e8c6bc687a5d7f97389adb11.jpg